株価が高いうちに信用取引!

現物株の売りどきを知る

株は、安いときに買い、高いときに売る――売買の基本です。
とは言え、いざ実行に移すとなると、二の足を踏んでしまうこともしばしば……。
そこで利用したいのが「信用取引」です。
信用取引は、証券会社に一定金額の証拠金を預けることにより、株式を借りて取引をする「信用売り」から始められます。
これを利用すると、株価が高いうちに信用売りをして、株価が安くなったら買い戻しをするとこによって、利益を得ることができます。
また、この特性を生かして、現物株の売りどきを知ることができます。
保有している株の株価が高値圏に入ったあたりから少しずつ信用売りをして、信用売りの利益が出るようになったタイミングで現物株を売って利益を確定させる、といったことです。
つまり、信用取引で、暴落時のリスクを押さえながら利益を得ることが可能となります。


現物株の買いどきを知る


現物株を買うとき、できるだけ安く買いたいので、株価が高いうちは買うのを控えますよね。
だからといって、安いときを見抜くのは至難の業。
そのような場合でも「信用取引」が役立ちます。
株価が高いうちに信用売りをして、含み益が最大利益より減少してきたタイミングで買い戻し、現物株を買う、といったことです。
信用売りの買い戻しが多くなると、必然的に株価が上昇するので、現物株を買うタイミングでもあると言えるでしょう。
また、信用売りをしながら、株価が安くなったあたりで現物株を少しずつ買っていき、現物株の利益が出たタイミングで信用売りを買い戻すことも可能ですが、これには多額の資金が必要となりますので、あまり現実的ではないかもしれません。
いずれにしても、信用売りの特性を利用することで、現物株の買いどきを知ることができるでしょう。