市況を読んで、信用取引をしよう!

相場が強い時は信用取引で購入を

株式相場が強い上昇をしている時は、できる限り多くの資金を投入して株式を購入したいものです。そんな時には信用取引を利用すれば、手持ちの資金以上の株数を購入できます。資金を使って直接購入するのではなく、口座に証拠金を預けることでその3倍の資金に相当する株数を購入できるわけです。その結果、多くの利益を得ることができます。このような大きな相場はそれほど頻繁に現れるものではないので、チャンスを確実に掴むためには信用取引が役立つわけです。もちろん相場が下落した場合の損失も相当に大きくなるので注意は必要となります。注目される指標が発表されるようなタイミングで上手く活用するのが、利益を最大限に高めるためのポイントと言えます。


下落相場でも信用取引が役立つ


株式投資といえば安く買って高く売るというイメージがあるものです。それでは下落相場では何もできないかと言うとそうではありません。信用取引の空売りを使えば、株式市場が下落する中でも利益が出せます。空売りをすることで、先に売りポジションを建てることができるのです。これは株式を一時的に借りて売却してしまうことで、値下がりした後の買い戻しによって利益が残るという仕組みです。株価が下落する中では空売りはできませんが、明らかに上昇が過熱ぎみであると判断できる時には役に立ちます。あるいは自然災害による大幅な相場の下落に備える保険としても利用することができます。下落スピードは上昇よりも早いので、保有する買いポジションに対する保険としても利用できます。