少額でも信用取引できる!

30万円の資金で信用取引は可能

証券取引はお金持ちしか手を出せないようなイメージがありますが、低位株と呼ばれる安い株であれば一万円しか持っていなくても十分売買をすることができます。ただ、これは現物取引の場合です。信用取引と呼ばれる、証券会社に株やお金を借りて行う取引の場合はどれぐらいの元手が必要なのでしょうか。
現物取引と比べればある程度まとまった資金が必要ですが、お金持ちじゃないと取引できないというレベルではありません。具体的には30万円は必ず必要になります。法律によってそう決められているからです。なので、口座開設の申し込みを行い、ボーナスや今までの貯蓄を30万円以上入金すれば、株の信用取引は可能です。ただ、30万円ぴったりしかないと取引を続けるのは難しいです。


強制決済を回避するために多めに用意しておくと安心


なぜ30万円しか資金がないと信用取引は難しくなってしまうかというと、買った株の値が下がったり、逆に空売りした株の値が上がったりして、口座に入金した30万円からマイナス分が引かれると、その瞬間、30万円ないと信用取引不可能というルールに引っかかってしまうからです。そのため、取引資金を30万円に戻すために早急な入金が必要になります。ところがもともと30万円しか持っておらず、新たな資金の入金は無理ということであれば、そこで強制決済され、取引を続けることはできなくなってしまうのです。
なので、信用取引は最低でも40万円、余裕があれば50万円程度の資金を元手に始めるようにしましょう。そうすれば目論見とは逆に取引した株の値が動いても、その株を持ち続けることが可能です。